理論【内反症と眼瞼下垂は同じこと】

はじめに

これらに共通するのは、瞼板を眼球に沿って牽引するものが断裂しているということである。

老人性眼瞼下垂のメカニズム

上眼瞼の解剖。

カーソルを画像に乗せると、眼瞼挙筋が瞼板からはずれたときの様子が示されます。

瞼板を持ち上げる力はなくなり、かわりに皮膚と眼窩脂肪を引っ張るため、重瞼が広く、上眼瞼に窪みができる状態になる。

右上眼瞼下垂。
上眼瞼の窪みが深くなり、重瞼線が上方に広がっている。

下眼瞼内反症のメカニズム

下眼瞼には下眼瞼牽引筋腱膜 lower lid retracterがあり、下眼瞼瞼板を下方に引っ張っている。眼瞼挙筋と対称的な構造をしている。下直筋と連続性があり、筋肉ではないため縮みはしないが、下方視をしたときに眼球と一緒に下転する。
カーソルを画像に乗せると、眼球が下転したときの様子が示されます。

lower lid retracterが瞼板からはずれると、今度は上眼瞼と違って重力が逆に働く。そのため下図のような作用が起こり内反になる。支えが取れて眼輪筋の力にて内反するのである。

瞼板とそれを支える靭帯・腱膜

瞼板の左右には靭帯があり、左右にぴんと張っている。上下方向には挙筋とlower lid retracterが眼球に沿う方向で引き、これらがしっかりしていることによって、瞼板は眼球に沿って保たれている。

吊り橋は、左右に強く引っ張る力が必要である。
それは重力に抵抗できる程でなければならない。

さらに、方向を整えるロープが必要となる。これがしっかりしていないと、渡れる橋にならないのである。

同様に瞼板にも左右に引く強力な靭帯と、方向を眼球に沿うように整える腱膜が必要なのである。

野田実香 Official site
error:Content is protected !!