理論【眼瞼痙攣】

眼瞼痙攣の患者さんは、全員が痙攣を自覚して受診するわけではない。中には、眼を開きにくいことを眼瞼下垂と考えて来院する人もいる。
眼瞼下垂と眼瞼痙攣の鑑別には、眉毛の位置を確認することが重要である。眼瞼下垂では開瞼のために無意識に眉毛を挙上するが、眼瞼痙攣では眉毛部と眼瞼が痙攣により下がっている。
眉毛部を含む眼瞼痙攣では、眉毛挙上術を行ってより力の強い前頭筋の影響を軽減することで、症状が改善・消失することが少なくない。 

眼瞼痙攣の治療は、下記の順で検討する。シュミレーションとして眉毛をテープで挙上して過ごしてもらい、痙攣が少なくて楽になるようなら眉毛形成術を行う。それで効果がない場合は、眼輪筋切除やボトックス治療を検討する。

  • 眉毛形成術 静的(小切開で縫合)
  • 眉毛形成術 動的(皮膚・筋を切除)
  • 眼輪筋切除
  • ボトックス注射

右眼瞼が開きにくいというのが主訴。開きにくい方の眉毛が下垂している。
しかし下の写真のように、無意識でいるとたまに正常まで開くことがあった。 

手術では、眉毛の上の皮膚を三日月型に切除した。
前頭神経を障害しないように、その部分は皮膚のみ切除として、耳側の心配ない部分は皮下組織、筋層まで切除、骨膜を露出する。

次に上方の骨膜と眉毛部の皮下を縫合して上方に固定。
座位にして効果があることを確認し、皮膚を縫合した。
強閉瞼で誘発されないようになった。 

術翌日

まとめ

痙攣の多くは手術で治療することができる。
ボトックスが必要な場合、眼周囲の注射は眼科医による施行が望ましいと思われる。取り扱いに注意が必要なので資格が必要だが、アラガンの講習会を一度受ければ資格は取得できる。

野田実香 Official site
error:Content is protected !!