眼形成手術手技 動画説明【眼窩内壁骨折整復術】

眼形成手術手技 動画説明【眼窩内壁骨折整復術】

眼窩内壁骨折は、下壁骨折に比べて手術適応になる症例は少ない。
適応になるのは側方視時の複視眼球陥凹による整容的問題がある場合である。複視は車の運転でバックするときに不便を訴えることがあるので、その点に気をつけて問診し適応を検討する。眼窩内壁の骨は薄いので再建に用いることはできず、補填材料を必要とする。

アプローチには経皮、経結膜がある。経皮における皮膚切開線は全般に目立ちにくいが、内眼角付近の縦線は残存しやすい。経結膜は皮膚瘢痕を残さないので整容的改善目的の手術には適している。ただし比較的術野が狭く、骨折縁が涙嚢や篩骨動脈に近い場合には危険を伴うので適応外となる。

野田実香 Official site
error:Content is protected !!