英語教育は必要か?

今のところ大学受験は英語の比重が高くなっています。医学部に入るとなれば英語で良い成績を修めないとならないわけですが、実際は医師で英語が話せるのは少数派です。

私は日本で医師の仕事をするのに英語は必要ないと考えています。私たちはサイエンティストなのであり、言葉の障壁はGoogle翻訳とか話せる人とかにアウトソーシングすれば良いものではないでしょうか?

日本にいる、日本語が話せない外国人は、なんらかの方法で通訳をご用意いただき受診されるのがお互いのためと思います。習慣も保険制度も異なる相手に仕事の合間に習得した英語を使ったところでどんな誤解があるかわからないですし、こちらも同意書などを英語で用意するのは大変な負担となります。

日本の社会生活でもっとも必要なのは、コミュニケーション能力の指標となる国語です。理系ならロジカルな考え方の指標となる数学でしょう。大学受験での英語重視を、何年かけてもいいのでもっと国語にシフトして行ってほしいです。

コメント

error:Content is protected !!