top of page

自費診療・薬剤販売

保険診療ができない分野については、やむを得ず自費診療にておこないます。

​しかし、福祉の精神からはずれないように治療目的のメニューに限りますし格安です。

患者さんにもお願いすることが多くあります。

まず自費診療ではありますが眼科医からの紹介状を必要とします。そして術後もその眼科に通っていただく必要があります。

よくご理解の上おかかりください。

​提供する事柄の価格は予告なく変更することがあります。また品切れであることもあります。

局所麻酔
局所麻酔の痛みを軽減する工

院では局所麻酔の痛みを軽減させるための工夫をしています。

1)麻酔薬のアルカリ性酸性の調整
局所麻酔薬は酸性の
ため注射すると刺激があります。そこにアルカリ性の注射液を入れて調整することにより、痛みを大幅に軽減できます。当院ではすべての局所麻酔薬を調整しています。

2)局所麻酔の針
一般的には27
ゲージという太さが使われています。これでも十分細いのですが、当院では通常はさらに細いものを使っています。ご希望があればさらに細い、医療用で入手できるものとしては最も細い34ゲージを使うことができます。
34ゲージ針は高価な針です。しかし混合診療を避けるため費用を請求することができません。そこで、せっかくですので盲導犬協会または子供の教育援助のNPOへのご寄付をお願いいたします。1回200円を受付の募金箱にお願いいたします。

3)麻酔クリーム
皮膚に麻酔クリームのエムラクリームを塗ってラップで保護しておき、15分以上置くと針を刺す痛みを軽減することができます。しかし目に入ってはならないクリームですので目のきわの手術には使えません。眉毛下皮膚切除で使えます。時間がかかりますし看護師の手をあけなければならないので、手術40分前にご来院いただくところを70分前においでいただく必要があります。ご希望があれば初診日に受付にお伝えください。


麻酔クリームも費用を請求することができません。1回1000円を募金箱にお願いいたします。

これによって当院の負担は増えるばかりなのですが、手術で最も辛い痛みを軽減できる医療材料があるので提供したく、その喜びを困っている人にお返しして反映していただければ、ただ嬉しく思います。
 

腫れを引かせる工夫
腫れを引かせる内服

腫れを早く引かせたり傷をきれいにしたりする漢方の内服薬をご紹介します。漢方は一般的に空腹時に飲むと良いとされています。食事と食事の間や、食前にお飲みください。

・治打撲一方(ぢだぼくいっぽう)

「治打撲一方」は日本で創製された漢方薬で、戦国時代の軍医たちが考え、江戸時代中期に整理された処方です。

読んで字のごとく打撲による痛みや腫れを治すための処方で、比較的即効性が期待できる薬です。副作用も少なく、特に体調にかかわらず広く用いることができます。

市販で入手が難しいので当院で扱っています。 添付文書

1日3包3日分 550円(税込)

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)

傷跡をきれいにする内服です。治打撲一方と一緒にお使いいただけます。最初の7日分だけお分けします。その先は2〜3ヶ月使うとよいですが、ドラッグストアなどでお求めください。

1日3包7日分 1100円(税込)

治打撲一方.jpeg
二重まぶた手術の糸の除去
二重まぶた手術の糸の除去

美容外科で受けた二重まぶたの手術の糸が出て眼球を傷つけている場合、糸を除去する必要があります。

基本的に初診の日に局所麻酔で除去します。 33,000円です。

二重まぶた埋没法<自費>

 

上眼瞼の二重形成手術埋没法を自費でお引き受けします。

・モニター制度やオプションなどありません。一律77,000円です。

・糸は最も良いと思う7−0ナイロン青を用います。

・糸は2−3本ずつ通しますが、本数による価格の変化はありません。

・ほどけたときなどの保障はありません。

・片方の場合は44,000円となります

 

ただし条件が多くございますので下記をよくご理解ください。

・眼科医からの紹介状が必要です

・初回は保険診療となります

・出来上がりは末広型のみです。平行型はお引き受けしません。

・アイプチでしばらく形が保てる場合は埋没法が可能です。アイプチができない重さは切開法になります。

・重い、見えにくいなどの機能的な症状がある場合は保険適応になることがあります。

 埋没でも切開でも保険3割負担で5万円弱となります。

二重まぶた埋没法<自費>
ドクターズコスメ
ドクターズコスメの販売

当院では、手術による傷をきれいにするためのお手伝いをしています。

 

  温める ビタミンCE摂取 遮光 保湿

 

はすべての段階での基本となります。

 

それ以上のケアをしたい場合は、市販のコスメを購入したり皮膚の美容の専門家にご相談ください。処方薬には術後早期の傷をきれいにする目的で処方できるものはありません。

 

市販のものには濃度に限界がありますが、医師のみが扱えるドクターズコスメなら高濃度のものを扱うことができます。そこで当院での術後半年以内の患者さんのケアを目的とした薬剤をクリニックにて扱うことにいたしました。

資生堂ナビジョンのドクターズコスメのラインナップも、当院でQRコードを読み込んでいただければ、その後ずっとご購入いただけます。

当院では個別の説明はしておりません。説明を希望される方は美容皮膚科におかかりください。また、薬剤に対して刺激を感じたりかぶれたりして、合わないと思われる場合は使用をおやめいただき皮膚科におかかりください。

 

当院で扱うコスメは術後通院期間中に限り販売いたします。それ以上を希望される方は美容皮膚科におかかりください。ただし緑内障点眼の副作用を軽減するビタミンCスティックのみは、来院できる方に対して販売します。

 

術後の傷を目立たなくする外用薬や化粧品

ステロイド

ステロイドホルモン剤には強い抗炎症作用があります。目の周囲にはプレドニン眼軟膏が最も用いられます。術後1ヶ月を経過しても強い炎症がある場合にのみ用います。効果が強い反面、副作用に眼圧上昇、色素沈着、皮膚が薄くなってシワができることがあるため、私は強い炎症にしか用いません。さらに1ヶ月以上の連続使用は慎重にした方がいいでしょう。

プレドニン眼軟膏は保険適応で処方できます

 

トラネキサム酸 

トラネキサム酸は炎症を抑えながら美白効果のある、いわば美白の王道の成分です。メラニンの合成をブロックする働きがあります。さらに炎症を抑えるため肝斑、シミだけでなく、ニキビ、皮膚の赤み、くすみに効果があります。

当院では5%のクリームとローションを販売しています。5%とは市販の化粧品の約5倍の濃度です。赤ちゃんやお子さんの傷跡にもお使いいただけます。まぶたの術後にはクリームが使いやすいですが、お好みによってローションもお使いいただけます。長期にお使いになるなら、濃度は少し下がりますが、ナビジョンDR TAホワイトローションnならヒアルロン酸なども配合していて値段もお手頃です。

トラネキサム酸の内服薬は術後の傷や肝斑に対する保険適用がありません。使用量や副作用に関して専門知識が必要ですので、美容皮膚科で自費で購入するか、維持量でよければ市販のトランシーノⅡをお求めください。

 

ビタミンC

ビタミンCはメラニンの増加を抑え、コラーゲンの合成を促進します。術後の状態改善に欠かせない成分です。また紫外線による細胞障害を軽減させます。美白、保湿、小ジワ改善が期待できますので、手術と関係なく、ずっと摂取を続けていただきたいものです。

当院ではビタミンC85%を油性の基材でスティック状にまとめたものを販売しています。これは経皮吸収型のビタミンC誘導体の中でも最も安定性に優れ、皮膚への浸透性の高い、油溶性ビタミンC 誘導体を85% と超高濃度に配合しています。油性ですので皮膚からよく吸収されます。

なお、緑内障の点眼で眼の周囲が黒ずんで困っている方は、これを塗ってから点眼すれば皮膚の保護になりますし美白効果も期待できます。

ビタミンCの内服薬は市販のものをお求めください。

 

ビタミンE 

ビタミンE は細胞を保護します。ビタミンCと一緒に摂取されるとよいでしょう。

ビタミンEの内服薬は市販のものをお求めください。

 

日焼け止め

術後特に3ヶ月は紫外線を避けることがとにかく大切です。

日焼け止めには紫外線吸収剤と紫外線散乱剤いわゆるノンケミがあります。紫外線吸収剤は塗り心地が良いのですが、エネルギーを吸収するためか肌に刺激になることがあります。紫外線散乱剤は光を跳ね返すだけなのでそのようなことは少なく、術後の皮膚には散乱剤が優しいので推奨されます。光を跳ね返すので白浮きしやすい傾向がありますが、当院で扱っていますダーマメディコのプロテクトミルクや資生堂ナビジョンのTAマイルドプロテクトUVはノンケミですが白浮きしにくくウオータープルーフで塗り直しの必要がないものです。

資生堂ナビジョンのものでしたら当院への通院を終了されてもウェブからお求めいただけます。

 

保湿クリーム

保湿できるクリームは実にさまざまなものが市販されていますので、相性が良いものをお選びになると良いでしょう。

ヒルドイドに代表されるヘパリン類似物質は、高い水分保持能力と血行促進効果が得られます。保湿する薬の中で唯一保険適応のあるものです。しかし本来はしもやけなど慢性的な皮膚の病気に使われるものであり、術後半年以内の傷跡には保険適応がありません。市販のカルテヒルドイドなら安価に入手できますし他の保湿成分も配合されています。薬局などでお求めください。

 

コンシーラー

コンシーラーは、傷跡を隠すことができますが、どうしても浮いてしまうので結局広い範囲をカバーする必要があります。そのつもりで色をお選びください。資生堂のラインナップは安価で色も幅広く提供されていますので、術後短期にしかお使いにならない場合はこれで十分でしょう。資生堂ナビジョンのコンシーラーは伸びがよくカバー力が高い割には安価です。ネットで購入できます。当院では次にお話ししますハイドロキノンの入ったコンシーラーを扱っています。

 

ハイドロキノン

ハイドロキノンは漂白剤のようなものです。原因を正すわけではなく、できてしまった色素沈着に用います。術後1ヶ月を経過してから色素沈着がある場合に半年後までを目安に使います。色素沈着の部分のみに使ってください。顔全体に塗るものではありません。

お子さんには使用できません。また使用している間は紫外線を避ける必要があります。よって夜に使うか、昼はその上から日焼け止めを使う必要があります。

当院では4%の濃度の成分をコンシーラーに混ぜて昼間に使えるようにしたものを扱っています。

ハイドロキノンの製剤は、2%以下の薄いものでしたら市販されています。4%の濃度のコンシーラーでなくクリームなどは、美容皮膚科におかかりいただいて処方してもらってください。

 

ビタミンA

ビタミンAには傷跡の補修をし、細胞を活性化させる役割があります。

市販のものではバイオイル、エンビロンといったものが入手可能です。濃度の高いものについては美容皮膚科におかかりください。

 

【番外編】

当院ではアスタキサンチンジェルを扱っています。

アスタキサンチンは強力な抗酸化力によりコラーゲンの分解を防ぎ、小じわを改善してハリを与えるなどエイジングケアに効果があります。抗酸化力の高さはビタミンCの6000倍、コエンザイムQ10の800倍です。

当院ではアスタキサンチンを市販の15倍の濃度に配合したジェルを販売しています。これは手術後の状態とは関係ないんですが、ポリシーを曲げてお分けしています。

youtubeでは様々な先生方が薬剤について説明をされています。ご覧いただき理解を深めていただけますとより良い手当ができることでしょう。

オリジナルドクターズコスメ

 <価格> 令和5年4現在

VitCスティック85% 8.5g ➡︎ 4840円

TAトラネキサム酸5%クリーム 10g ➡︎ 5500円

TAトラネキサム酸5%ローション 50ml ➡︎ 4840円

AXアスタキサンチンジェル15g ➡︎ 5500円

ハイドロキノンコンシーラー 2.7g ➡︎ 3080円

既製

DermaMedico日焼け止め30ml ➡︎ 3300円

ナビジョンDR スポッツカバー自然な肌色 15g ➡︎ 2200円

 

IPL
ドライアイIPL光線治療

料金 

ドライアイ・霰粒腫治療(下眼瞼のみ) ➡︎ 1回 5,500円

上記+顔面全体の照射➡︎ 1回 11,000円

医師診察(初回のみ) ➡︎ 1回 3,300円

最新の研究で、ドライアイ症状に「マイボーム腺機能不全(MGD)」という病気が影響していることが分かってきました。
ドライアイIPL光線治療は、まぶたにIPLという光を照射することで、マイボーム腺の詰まり・炎症を改善し、涙の「脂不足」を解消していきます。目薬では改善しにくいドライアイにも効果が期待されています。

 

フォトフェイシャルM22によるドライアイ治療です。マイボーム腺機能不全型ドライアイ(MGD)に対しては、一定水準の効果が期待される治療です。 ただし、マイボーム腺機能不全以外の症状(水/ムチン層のみの問題、または事前に治療を必要と する二次感染に関連した症状)については、この効果は不明です。

 ・マイボーム腺の機能が低下しているタイプのドライアイに有効とされています。

 ・繰り返す霰粒腫にも有効とされています。

ご希望の方には顔全体の美肌治療もついでにおこないます。ただし波長は一般的な美肌モードで1種類のみです。

マイボーム腺とドライアイについてはLIME研究会のウェブサイトをご覧ください。

治療の内容は大宮はまだ眼科の説明をご覧ください。

治療の特徴

・患部を温めマイボーム腺のつまりを溶かす効果があります

・ドライアイには効果があるという研究結果が出ています。

・​霰粒腫に効果があるかはまだはっきりしていませんが、マイボーム腺の機能は改善するため期待できると言われています。

・ダウンタイム(施術後の制限)は基本的にありませんが、施術後から2週間は紫外線対策が必要です

・症状によりますが、3~4週間おきに4回以上実施すると高い効果が期待されます

 

当院の特徴

・眼科的治療目的の方のみ受け付けます

・治療目的で眼の周りの照射を前提とします

・ご希望があれば追加料金で顔面全体のベーシックな照射を受けられます

・方針は医師が診察で決めます。施術は医師はおこないません

・シミなど特定の照射方法が必要な施術は今のところ予定していません。

・フォトフェイシャルは器械の性能が高いのであって施術側の腕に大差はないと考えています。誰でも同じメニューを提供することによって安価を実現しました。ドライアイや霰粒腫に悩む方への福音となれば幸いです。

 

流れ

眼科でドライアイまたはMGDまたは繰り返す霰粒腫の診断を受け、紹介状をもらってください

​・当院に別件でかかられている方は新たに紹介状の必要はありません。

・完全予約制、完全紹介制です。

・​最初に医師の診察があります。2回目からは診察なしで施術をお受けいただけます。

・​基本的に毎月1回程度を4回受けることが推奨されています。

注意点
  • 照射時は、輪ゴムでパチンとはじかれたような感覚があります。照射後は、軽度の日焼けのようなほてり感を感じる場合がありますが、数時間で治まります。冷却することにより軽減します。

  • 照射後に、皮膚の状態・皮膚の色により、軽度の発赤や腫れが生じる場合があります。

  • 照射後に、色素性病変(シミ)の色が一時的に濃くなり、軽いかさぶたが形成される場合があります。その場合、かさぶたが剥がれ落ちるまでに5~10日かかることがあります。皮膚を擦ったり、引っ掻くなどの刺激を与えないことが重要です。

  • 毛細血管の治療では、一時的に血管病変が濃くなったり、小さい紫斑が現れる場合があります。

  • 痤瘡の治療では、一時的に炎症がひどくなったように見える場合がありますが、治療後数時間から数日以内に治まります。

  • 治療後まれに、火傷や色素沈着などの副作用が生じる可能性があります。

  • 色が薄くなる(または消える)事を望まないホクロ(チャームポイントのホクロなど)がある場合は、施術前に担当医にご相談ください。

  • 肝斑に照射すると一時的に悪化する可能性がありますので、当院では肝斑は避けて照射します

  • ​濃い髭は避けて照射します。

  • 施術後に皮膚の異常がある場合は速やかに医師にご相談ください。

 

施術に当たって

産毛は顔剃りをしておいでください。そのままでも受けられますが、産毛が焼けてにおいが出たり軽い火傷をすることがあります。

・男性はヒゲがあるため目周りのメニューのみとなります。

・施術にて肝斑は悪化することがあります。肝斑は皮膚科で治療をしてからおいでください。

・日焼け止め、洗顔料はクリニックのものをお使いいただくこともできます。

・化粧品(お化粧直しが必要な方)をお持ちください。

・治療部位を清潔に保つようにしてください。皮膚が敏感でダメージを受けやすくなっているため、デオドラントや香料の使用はお控えください。

・治療後は紫外線などの光に敏感になりますので、2週間は必ず日焼け止めを塗ってください。

禁忌事項 

禁忌事項に該当する方はこの治療を受けることが出来ませんのでご了承下さい。

  • 1ヶ月以内の日焼け(海外旅行、海、山、ゴルフ、日焼けサロンなど)

  • 活性ヘルペス、またはヘルペスの病歴がある方

  • 光感受性が高い方(全身性エリテマトーデスまたはポルフィリン症の病歴など)、又は光感受性を高める薬剤、サプリメントを服用している方

  • 抗凝固剤を服用している方

  • 前がん病変、皮膚がん、または皮膚がんの病歴がある方

  • ケロイドの既往がある方

  • 妊娠中、または授乳中の方

  • 糖尿病、てんかん、アルコール中毒、鬱血性心疾患などの全身性疾患の方

  • 免疫抑制疾患、または免疫抑制剤を服用している方(HIV感染など)

  • 重度の各種皮膚疾患または炎症性皮膚疾患、感染性皮膚疾患の方

低価格を守るためにお願いしたいこと

・IPLという器械の説明や効能につきましては他のクリニックのウェブサイトでご覧ください。大変勉強になります。

 皮膚科のこばとも先生のYouTubeチャンネル  

 きずときずあとのクリニック村松先生のチャンネル

・施術者に器械の特性に関する質問はなさらないでください。

・先払いでお願いいたします。

・再診時に診察を希望される場合は、自費の診察料が別途発生します。

・ドライアイなどの経過観察や投薬は、紹介元のクリニックで受け続けてください。

・研究目的でデータを使用させていただきます 研究目的の診察をすることがありますが無料です。

・一般の患者さんと同じ待合室になります 手術の進行によってはお待たせすることもあります。

・洗顔したあとご自分でジェルを塗ってお待ちいただき、薄くしたくないほくろの保護シールを自分で貼っていただきます。

・施術後は自分でジェルを落として自分のタイミングで帰っていただきます。 

・​初回は医師の診察がありますので早朝または最後の時間帯におこないます。準備中だったり掃除を始めていたりしますがご理解をお願いいたします。

​料金(導入記念価格) 

ドライアイ・霰粒腫治療(下眼瞼のみ) ➡︎ 1回 5,500円

上記+顔面全体の照射 ➡︎ 1回 11,000円

医師診察(初回のみ) ➡︎ 1回 3,300円

​※ 医師施術は基本的におこないません

※「自由診療」のため、同日の保険診療は出来ません

よくある質問

Q:すべてのドライアイに効果がありますか?
A:脂分が不足しているドライアイには効果的ですが、水分が不足している涙液分泌減少型のドライアイには効果はありません。

Q:施術の際は化粧は全て落とさないといけないですか?
A:目の周りのお化粧は落としていただきます。施術後はお化粧が可能ですので必要な方はお化粧道具をお持ちください。

Q:日焼け止め、洗顔料などの取り扱いはありますか?
A:施術される方にお使いいただける、資生堂NAVISIONシリーズを用意しています。なお、お肌に合わない場合もございますので、敏感肌の方やお肌が弱い方は、普段ご使用されているものをお持ち下さい。

Q:痛みはありますか?
A:照射時に、輪ゴムで軽くはじかれたような痛みを感じることがあります。皮膚の弱い方など、まれに赤みやヒリヒリ感がしばらくでる場合があります。

Q:副作用はありますか?
A:短期間、皮膚が赤みを帯びやすくなりますが、ほとんどの場合2~3時間で元に戻ります。施術後、シミが濃くなる場合があります。また、照射により隠れていた肝斑がはっきりしてくる場合もあります。明らかな肝斑は皮膚科で治療を受けてからおいでください。当院では肝斑かどうかの判断や治療はできかねます。

bottom of page